So-net無料ブログ作成

キーワードを意識してページ作成をしてもYahoo検索(YST)では、逆効果になる可能性は? [SEO対策]

>キーワードを意識してページを書き換えてもyahoo検索(YST)の場合かえってそれが逆効果になってしまう可能性があるのではないでしょうか?
ターゲットキーワード「A」のキーワード数を減らしたら、逆に順位が13位まで上がってきました。

確かにキーワードの出現数を抑えたほうがYahoo検索(YST)では上手く行く事が多いです。
ターゲットキーワード「A」というキーワードは減らしても、「A」と同時に出現することの多い関連キーワードは多数出現していると思いますので、そのページのターゲットキーワード「A」との関連性は十分にあります。
ターゲットキーワード「A」と関連度が高いキーワード群をページのHTMLソースの上段・中段・下段にバランス良く散りばめている場合は、そのページにおけるターゲットキーワード「A」の出現数は抑えたほうがYahoo検索(YST)では上位表示も上手く行きます。
必要以上にそのページでターゲットキーワード「A」を出現させなくともYahoo検索(YST)に、そのページのキーワードが伝わるからです。

また、ページ内に過剰にターゲットキーワード「A」を盛り込みますと「やり過ぎ」と判断されYahoo検索(YST)からペナルティを受ける事があります。
その結果、ページの検索順位は大きく落ちます。
各ページでターゲットキーワードを意識してコンテンツ内にバランスよくターゲットキーワードを散りばめる事は必要です。
ですが、意識し過ぎてターゲットキーワードのページ内での出現数が過剰になれば上位表示効果を得られるどころか逆効果となるでしょう。

By SEOコンサルタント トンちゃん

 SEO対策問合せ・申込みSEO東京検索上位表示検索エンジン上位表示SEOサポートSEO見積りSEOプロSEOセミナーSEM代行SEM会社SEM対策インターネット広告代理店


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。